• HOME
  • 仙台塗装 職人の技

仙台塗装 職人の技

仙台塗装 職人の技 ~手作業での職人の仕事~

塗装業者はたくさんあります。
お客様が私どもを選んでくださる理由には、どのようなものがあるのでしょうか?

僭越ながら、3つ、あえて挙げさせていただきます。

その1 腕を見込める本当の塗装職人だからです

私たち仙台塗装の職人は、ほとんどが一級、または二級技能士を持っています。※2016年現在
普通なら、技能士の資格もなく経験も未熟な作業員もいるものですが・・・
しかし!仙台塗装の職人はちょっと違う!

実は、塗装業というのは残念ながら人の出入りが激しいと言われています。
そんな中、私たち仙台塗装では長い間、ほとんど人の出がありません。もちろん、入ってくる職人さんはいましたけれど。こんなこと、今の時代、珍しいのではないのでしょうか?
これまでのメンバーが恵まれていただけかもしれません。しかし、技能士や有機溶剤作業主任者等の資格取得を推奨し、1棟、1棟魂を込めて塗装してきた結果・・・スペシャル集団になっていました。

「技能士なんて、記念受験でしょ?」とお考えの皆さん!!資格取得は日々の忙しい中、計画性を持って周りの職人さんの協力やアドバイスをいただきながら取り組まないとなかなか成し遂げられないのです。

その2 仮設足場は安全第一・作業性も第一

仮設足場は何よりも安全が第一です。

ここで、仮設足場でよくある話を一つ。
たまに、ごくたまにですが、足場材を自己所有の塗装屋さんが存在し、「足場材は自己所有分を使うから、足場代金は無料にするよ......」といった話を聞きます。しかし、輸送費と人件費が無料な訳がありません。「無料ならそれだけ頼みますよ。」と言ったらきっと怒られますね。足場代が0円でも塗装費が0円でないから言える話なのですから。

さて、話を仮設足場に戻します。
仙台塗装は長年付き合いのある専門の専属職人が、実際に作業する内容を熟慮し、作業効率を考えて組立てます。
ちなみに、足場の良し悪しは仕上げに重大な影響を与えます。たとえば、作業する範囲がぎりぎり手の届く場所であったなら、職人技でなんとかできるのでしょうか?限界がありますよね。

もちろんですが、「足場等組立て作業主任者」の資格を持つ専属職人を必ず配置します。仙台塗装はコンプライアンスの順守を徹底しますから。堅いって言わないでくださいね。今は不明瞭な住宅塗装業界でも、必ず私達の想いが標準化する時代がすぐやってきます。

その3 清潔感と挨拶・・・・そして、「当社だけの手洗い」のこだわり

仙台塗装では、外壁や屋根を塗装する期間、作業車の出し入れや養生作業、塗替え作業で近隣の方々にご迷惑をかけますので、着工前の挨拶、完了後の挨拶を欠かしません。

また、わたしたちは現場の清潔感を大切にしており、毎日の作業後には家のまわりをきれいに片付けています。

現場の清潔感を保つこと、そして近隣の方々へのあいさつ回りは、塗替えのお仕事をさせていただいている上で当然のことだと思っています。

そして、「当社だけの手洗い」へのこだわりがあります。もちろん、高圧洗浄機によるジェット水流による汚れ等のそぎ落としを行うのはもちろんです。しかし・・・私たちは、それにプラスして・・・手洗いを実行いたします。丁寧に・・・丁寧に、手洗いをするのです。

手洗いのこだわり

仙台塗装
仙台塗装 仙台 外壁塗装
仙台塗装 リフォーム 仙台