• HOME
  • 仕上げ材料の選択

仕上げ材料の選択

塗料の比較

仙台市で塗装をお考えの方に塗料の比較をご説明

塗料の種類は多数ありますが、一般的なものは下図の4種類です。材料費と耐久性・耐候性に比例して、アクリル樹脂塗料<ウレタン樹脂塗料<シリコン樹脂塗料<フッ素樹脂塗料の順に価格・性能共に上昇します。

最近主流になっているのは「シリコン樹脂塗料」で、次の塗替えまで12~15年と設定されているものが多いです。

塗料の種類は他にもないの?

仙台市で塗装をお考えの方に他の塗料の種類をご紹介

塗料の種類は説明するスペースがいくらあっても足りないほどあります。
ここでは、他にもよく聞く塗料をあげてみました。

単層弾性塗料 塗料自体に弾性を持たせ、髪の毛一本ほどのクラックに対し追従性を持つ。
セラミック塗料 セラミック成分が配合された塗料で、汚れにくい性能を発揮
石目調の塗料を総じてセラミック塗装と言う方も多い。
光触媒塗料 太陽光などの紫外線の作用で、汚れを分解する機能を持つ塗料。
バイオ抗菌塗料 微生物(藻・カビ)に強い耐性を持つ塗料。
(類語)バイオ洗浄・・・有用微生物で藻・カビ・汚れを分解する。

水性と溶剤系(油性)の違いは?

仙台市で塗装をお考えの方に水性と溶剤系の違いをご説明

語弊を気にせずに言ってしまえば、「環境・人体に影響が極力少ないと言えば水性である。」ということです。
「水性・溶剤だけを比べた性能の優劣はない」ということです。

塗料で1液型と2液型があるのはどのような違いですか?

1液と2液の違いをご説明

塗料の入っている缶が1つであれば1液、2つを混ぜて使用するのが2液。2液と言えば溶剤系塗料しかないと思われがちですが、水性系の塗料でも2液型があります。
2液は強力な接着剤のように主剤・硬化剤に分かれていて、使用する分だけその都度混ぜ合わせなければならないため、作業する立場から見れば扱いに難があります。それは、2液の方が耐久性が高く設定される場合が多いことからも、強靭な塗膜を成型する目的があるからです。

塗料を選ぶポイント|仙台市で塗装をお考えの方に塗料を選ぶポイントを紹介

長持ちのする塗料は?

仙台塗装が勧める長持ちする塗料といえば

ウレタン樹脂塗料で10~12年、シリコン樹脂塗料で12~15年、フッ素樹脂塗料で15年以上と設定されているものが多いです。中でも、フッ素樹脂塗料は耐候性能(太陽による熱・紫外線や雨水などに対する強さ)が抜群に高く、褪色に対する10年保証を持つ塗料もあるほどです。
その他の高機能塗料も数多くありますが、それは⇒おすすめの高機能塗料コーナーにてご説明します

ひび割れのしない塗料は?

仙台塗装が勧めるひび割れに強い塗料と言えば

ひび割れに対しては説明に語弊が生じやすいのですが、髪の毛程のヘアクラックと言われる程度に追従できる塗料として、塗料自体に弾性をもつ弾性塗料で施工する方法や、下塗りとして微弾性のフィーラーを厚めに塗布後、上塗を塗布する方法などがあります。

仙台塗装のおすすめの塗料は?






仙台塗装
仙台塗装 仙台 外壁塗装
仙台塗装 リフォーム 仙台